精和電機産業株式会社は、墓石関連製品の総合メーカーです。

精和電機産業株式会社では、花立てやローソク立用風防
扉などの墓石関連製品を「日本製」というこだわりを持ち、
開発から設計、製造、販売までを一括で行っています。
特許取得済みの左右どちらにも開く風防扉「どっち〜も」など
自社オリジナル製品を多数ご用意しております。
また、お寺様のご要望にお応えして、
納骨堂の設計、施工も承っております。
ぜひ、この機会に、当社とのお取り引きを
ご検討くださいます
ようお願い申し上げます。

精和電機産業株式会社は、日本尊骨士協会に加盟しています。

会社概要

設立年月日 平成16年7月1日
代表者 吉川 隆路
経営方針 日本のものづくりにこだわり常に発想の姿勢を保ち続ける
事業内容 墓石・建築石材用金属製装飾品の製造、販売
電気・電子機器回路の設計、施工
資本金 1000万円
所在地 平成25年4月末 本社社屋完成 移転
大阪府豊中市曽根南町2丁目5番56号
従業員数 13名

沿革

昭和45年3月
 
昭和50年6月

昭和50年10月
昭和52年4月
昭和53年5月
昭和59年8月
平成 8年7月
平成14年10月
平成16年7月
平成17年2月
平成18年11月
平成23年10月
平成24年10月
平成25年4月
中谷好一が新精電機を大阪市東淀川区で開業
ロボットアームの設計スプリングスイッチの製造に従事
クボタ耕運機用バッテリースイッチ、フェルゲージ、操作パネルの
設計・製造を開始
墓石用装飾品の製造を開始 墓石業界に参入
住友電工向けバッテリーターミナルの設計・製造を開始
精和電機製作所に改名箕面市にて開業
事業所を豊中市勝部3丁目に移転
風防扉の基本となる特許出願・平成11年登録
事業所を豊中市勝部1丁目に移転
精和電機産業株式会社を設立 代表取締役に吉川隆路が就任
ワンタッチ型風防の特許権取得
総石造りの大型納骨堂作りに参与
電子ロック錠業界に参入
豊中市曽根南町に本社社屋の建設着工
本社社屋竣工・移転登記

現在保有特許数16件 その他 意匠登録5件 商標登録3件

  • トップページ
  • 花立
  • 線香立・香炉皿・水鉢皿
  • 塔婆立
  • 灯籠・ローソク立
  • ローソク立用風防扉
  • 御木幽石・ブラスト風扉
  • その他の製品
  • 施工事例
  • お問い合わせ

墓石関連製品につきましては、指定石材店及び寺院墓地建立のお客様への販売はお断りさせていただく場合があります。

お問い合わせ

精和電機産業株式会社

TEL.(06)6865-3360

FAX.(06)6865-3370

〒561-0804
大阪府豊中市曽根南町2丁目5番56号